トップページ | 第一作のサイドストーリー »

2007年9月16日 (日)

記念すべき第一作♪

フェイト×なのはで、フェイトの失態が招いた1日です。
タイトルもそのまま【フェイトの失態】

やっつけ風味ですが、追記からどうぞ♪

ほんの些細な事だった
それがまさかこんなことになるなんて・・・・

─────フェイトの失態─────

「フェイトちゃ~んっ」
「あっ、なのはっ」
なのはが私を見つけて駆けてくる。いつもの朝の風景だ。
そんなにも慌てなくていいのに、いつも走って来てくれるなのはについ頬が緩む。
「はぁっ…おはよう!フェイトちゃん」
「うん、おはよう。なのは」
そしてどちらからともなく、手を差し出して手を繋ぐ。これもいつものこと。
それからいつもの様に他愛もない話をしながらバス停まで歩いていく。
ふと、違和感を感じて隣を見る。そこには何だかいつもよりそわそわしてるなのはがいた。
「なのは、どうしたの?」
私は不思議に思い、問いかけてみた。すると、
「えっ!?な、何か変だった?」
と、なのはが過剰に反応する。
「ううん、なんだかいつもよりそわそわしてるからどうしたのかな?って思って・・」
「そ、そうかな・・・・そんなことないよ」
なのはの反応を不思議に思いながら素直に答えると、何故かなのはは肩をがっくりと落としてそう答えた。

「「おはよう」」
教室について、私となのははすでに席についていたアリサとすずかとはやてに挨拶をした。
「あ、やっときた!遅かったじゃないの!」と、アリサ。
「おはよう。なのはちゃん、フェイトちゃん」と、すずか。
「おはようさん。相変わらず朝から熱々やなー」と、はやて。
三者三様の挨拶を返してくれる。ここまではいつも通り。
「お?なのはちゃん」
はやてがなのはを見て、何かを見つけた表情をしたから、私は「ん?」と思った。
「なぁに?はやてちゃん」
「前髪切ったんか?」
はやてのその台詞に私は固まった。…なのはの前髪?私は横目でちらりと確認した。
(・・・・あっ、確かにちょっと綺麗に切りそろえられてるっ)
「にゃはは・・・・変じゃないかな?」
「変も何も可愛らしいでぇ~♪」
「あ、ほんとだ。確かにちょっと伸びて来てたわね。うん、良いじゃない」
「うん、よく似合ってるよ」
はやて達が褒める中、私はただただ固まることしかできなかった。
「あれ?どうしたのよ、フェイト」
アリサに声をかけられ、はっとした私はなのはに手を伸ばした。
「あ、あの、なのはっ」
「・・・・あ、授業の準備しなきゃ」
が、私の伸ばした手はなのはのその一言によって空を切った。

(うぅぅ・・・・やっぱり怒っちゃってる)
「あちゃー、フェイトちゃん気付いてなかったんかぁ」
「なるほど、そりゃなのはも怒るわね」
「あはは・・・・」
「どうしよう・・・・」
私は3人に助けを求めた。
「んー、まぁなるようになるんちゃう?」
「あたしは知らないわよ」
「なのはちゃん、一回怒ると中々許してくれないかも・・」
返事はくれたが内容は放棄2票、フォロー1票だった。
(・・・・ダメだ、どうしよう!)
私はあわあわしたままなのはの様子が気になったからそっちを見てみたら・・・・
「あっ・・・・」
当のなのはは、机に突っ伏してしまっていた。それを完全に怒っていると思い込んだ私はそれからの授業休みの時に中々なのはに声をかけることができないまま放課後になってしまった。

人もまばらになってきた放課後の教室。私はなのはに声をかけられないまま席に座ったままでいた。なのはも今日1日そうしていたように今も机に突っ伏している。
「明日までになんとかしておきなさいよっ」
「きっとなのはちゃん、落ち込んでるんだと思うから怖がらないで」
「フェイトちゃん、ちょっとした変化も気付いてあげなあかんでぇ~」
アリサとすずかは習い事、はやては家事の為、一足先に帰る3人が去り際にそう耳打ちして行った。
私はしばらく様子を見ていたが意を決してなのはに声をかけた。
「なっ、なのは。そろそろ帰ろう?」
「・・・・うん」
少し間があったが、同意を得られて私はほっとした。なのはの声が少し震えてる様に聞こえたけどその時は一緒に帰れるということだけで頭がいっぱいだったから気付けなかった。

「でね、その時アルフが・・・・」
帰り道、いつもより饒舌になっている私と反対に、なのはは俯いたまま黙って歩いている。
私は今日の事をまだちゃんと謝れてないからいつ謝ろうか考えていた。そうこうしている内にもうなのはの家に着いてしまった。
明日までこのままでいるのは嫌だ。だから私は思い切って話を切り出した。
「なのはっ!」
「っ・・・」
少し強引になのはの肩を掴んで真正面から向き合う形にした。なのははちょっと驚いてたけど今は気にしていられない。
「今日は本当にごめん!すぐに気付いてあげられなくて・・・・謝って済む事じゃないけど、ごめん!」
私は一気に捲くし立てて頭を下げて言った。なのはは何も言わない。けど、肩に置いていた手がなのはが震えている事を私に伝えた。
「・・・・なのは?」
恐る恐る頭を上げてなのはの顔を覗き込むと・・・・
「・・・・っ、ひっく・・・うぅ」
「なっ、なのは!?」
なのはは大粒の涙を流しながら泣いていた。私は予想外なことが起きて慌ててしまったが、無意識の内になのはを抱きしめていた。
出会った頃より、二人共背が伸びたけど今は私の方が少しだけ高いから自然となのはが腕の中に納まる。
なのはが落ち着くまで私はここが外だということも気にしないでずっと抱きしめていた。・・・夕方だから大丈夫だよね。

「・・・・ん・・・・か」
「え?」
しばらくして震えの止まっていたなのはがやっと何か言ってくれた。けど、声が小さすぎて私は聞き逃してしまった。・・・・別に、なのはのぬくもりを感じてたわけぢゃないからね?うん。
「ごめん。聞こえなかったからもう一回・・・・」
「言って?」と続けようとした私の声をさえぎる様になのはが急に上を向いて言った。
「フェイトちゃんのばか!っ!」
「いっ!」
うん、「急に」だったから私の顎が見事になのはの頭に直撃して二人揃って痛みに悶絶する。
「いった~い・・・・」
そう言ってしゃがみこんで頭を抱えるなのはがすごく可愛くて、私は今の状況を忘れて笑ってしまった。
「むぅ~・・・・」
笑った私に不満なのか、でも、ちょっぴり頬を赤らめたなのはが上目遣いで睨んできた。
「ぁはは、ごめんごめん。でもなんでさっき泣いてたの?」
私は笑った事を謝罪しつつ、気になっていた事を聞いてみた。
「それは・・・・」
夕焼けだけで赤くなっているとは思えない程赤くなったなのはは俯いてこう言った。
「フェイトちゃんがすぐ謝りに来てくれなかったから・・・・淋しかったの」
「え・・・」
なのはのその台詞を聞いて私は混乱してしまった。だって自分はなのはを怒らせたのだ。なのになんで淋しいと思ってもらえるのか、と。答えはなのはがくれた。
「確かに前髪切ったのに気付いてくれなかった事は怒ったよ。でも、その後すぐわたしの所に来てくれないんだもん」
・・・えーと、つまりそれって怒ったと言うより拗ねてたんだよね?
「・・・・ぷっ」
私はつい噴出してしまった。なのはが可愛すぎて。
「あ~、また笑った!」
なのははそんな私に怒るが、もう今の私にはどんななのはも可愛くて。
「あははっ、ごめん。なのは」
「っ」
私はもう一度なのはを抱きしめた。
「今日はすぐに気付いてあげられなくてごめんね。それからすぐに謝らなくてごめん」
「・・・・ダメ、許さないもん」
なのはは私の背中に腕を回し、きゅっと力を込めて抱きしめてきた。そんなぬくもりに頬が緩みつつ私はなのはに問いかけた。
「じゃあ、どうしたら許してくれる?」
ちょっと腕の力を緩ませて体を離してなのはを見る。なのはも同じようにして私を見上げる。

ちゅっ

一瞬だったがなのはが私の唇に触れた。驚いて目を見開く私に構わずなのはは私の耳元でこう言った。
「今日1日触れれなかった分、ずっとわたしに抱きしめられて寝ること!」
私はそれを聞き、音がなったかと思うくらい顔を真っ赤にした。
「・・・・ダメ?」
上目遣いで見つめられ、私は成す術もなく、しかし、自分の意思で、
「お安い御用だよ」
そう言って私はなのはに近付き私達の影は一つになった。

|

トップページ | 第一作のサイドストーリー »

∮なのフェイ短編ss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 第一作のサイドストーリー »