« 初☆キラン☆夏コミレポ | トップページ | 愛を求めて旅に出たい »

2008年8月19日 (火)

親ばか物語

 おはこんばんちわっ! 今週は睡眠時間が平均2時間な稀凛です! なんでこんなに寝れないねん! ちくしょう! とか言ってても仕方ないので諦めモード。あぁ、モーニングコールプリーズ……(;w;)ノ

 いやぁ、本当先日の夏コミのことを思うだけでしばらくにやにやが止まりません。楽しかった的に。

 そして今日はレポには書き忘れてたこととかも色々思い出して、ふと思いついたSSです。まぁ、記事タイトルで解るかもですが、なのフェイが親ばかしてる話です。
 あのね、2次会でカラオケ行ったときに、稀凛・ゆぃなん・汐薙たんの並びで座ってて、娘を囲んでたのさ。何歌うのか迷ってたから色々薦めたり、困ってるのとか、歌ってるのとか、もう何もかも「可愛い」と言いまくってたら「親ばかだ」とか言われたんだ。いいもん! 親ばかだもん! 娘は嫁にあげないんだからねっ!! あ、旦那はあげるよ! だって浮気性だもん!www
 あ、でも稀凛も人のこと言えないかも?
 だって「彼女になって!」って告白しまくってたし、奪い合ってたしwwwww

 とりあえず、追記から親子物語 - 親ばか編 -です。中編も1話出来上がったので今度掲載しますね。ではでは、【pretty girl ~前編~】ですーん。
 パチパチ拍手(o・ω・o)
※拍手返信、コメント返信はまた後日に! ごめんなさい。お願い、寝かせて(;Д;)

 

 あの日、私となのはは殺されるかもしれない、と本気で思った。
 こちらからは何も太刀打ちできないからこそ、ただただ受け身でいるしかなくて。
 もう二度としないと誓い、しかし、また見たいと思う。まさにヤマアラシのジレンマ。
 だけど、これだけは言える。
 
 私となのはは、ヴィヴィオには勝てない、と。

 
   - pretty girl ~前編~ -

 
「フェイトママー、みてみてー!」
「なぁに、ヴィヴィ……っ!!」
 愛しい愛娘に呼ばれ、手元の資料から視線をあげた私を待ち受けてたのは……
「ふふふ、可愛いでしょー」
 してやったり、と言いたげな顔で言うなのは、その隣には、
「えへへ、どうかなぁ?」
 新しい服を身に纏い、恥ずかしそうに立っているヴィヴィオがいた。まず目を奪われたのは、清楚を感じさせる白を基調にしたワンピース。しかし、スカートの裾には青のレースが施されていて、爽やかさを感じさせる。そして、何より恥ずかしそうにはにかむヴィヴィオが……
「…………可愛いっ!!」
 ビッと親指をなのはに向け、私はそう叫ぶ。
「でしょー? 今日わたしが選んであげた服は、こ・れ」
 そう、今日は三人でショッピングに行き、そこでなのはとお互いに『どっちがヴィヴィオに似合う服を選べるか』を競おうと決め、家に帰ってからファッションショーをしようと決めたんだ。……うん、ここが家で本当に良かった。
「ヴィヴィオー、フェイトママに褒めてもらえて良かったねぇ」
「うんっ! でもね、あのね、かわいいっていってもらえたのは、なのはママがヴィヴィオに、かわいいおようふくかってくれたからだよ? だからね、ありがとー、なのはママっ」
 笑顔を浮かべながら、ヴィヴィオの頭を撫でていたなのはが、ヴィヴィオの可愛い台詞を聞き、空いていた方の手で顔を押さえバッとあらぬ方向を向いた。……なのはってばある意味、自爆してるよね。
「……? あ、フェイトママも、かわいいっていってくれて、ありがとー!」
 片手はそのままに、急に動いたなのはにきょとんとしつつ、こちらを向いて嬉しそうにそう言うヴィヴィオ。……もう、本当可愛すぎる!
「うん、ヴィヴィオが可愛いのは本当のことだからね」
 なんて言いながら微笑みかければ、ヴィヴィオは照れたようで、えへへ……なんて言っている。もうだめ、抱きしめたいっ!
「だーめー」
 衝動のままに、抱き締めようと立ち上がった私にかけられる言葉。
「……うぅー、なんでぇー?」
 無意識に拗ねたような声色を出してしまったけど、気にしないでそのまま文句を続ける。
「なのはは良いよ? そうやってヴィヴィオのこと撫でてるから? 私はヴィヴィオに触れてすらいないんだよ!?」
 そう、なのはが復活したかと思えば、撫でていた手の動きを再開させて、さらにはもう片方でヴィヴィオのことを抱えるように抱いている。
「だーって、わたしが選んだ服を着てる間は、なのはだけのヴィヴィオだもーん」
 なのははそう言うや否や、両手でヴィヴィオをぎゅーっと抱き締める。あぁっ! ずるい!
「きゃははーっ」
 何が悔しいって……ヴィヴィオが楽しそうにしてるから! 邪魔ができないよ!
 楽しそうにしてる二人を恨めしそうに見ていると、チラッとなのはがこちらを見る。
「……代わりたい?」
「代わりたい!」
 なのはの言葉に即答する私。なのはがちょっと苦笑してたけど気にしない。だって、なのはだけのヴィヴィオじゃないんだよ!
「ヴィーヴィオ、次はフェイトママが選んだお洋服着ようねー?」
 私はヴィヴィオの手を取り、隣の部屋へ誘導する。
「うんっ、なのはママ、まっててねー」
 ヴィヴィオは、私と手を繋ぎながらトコトコ歩き、後ろを振り向いて少し危なげなままなのはへ手を振る。
「はーい、待ってるね?」
 私は、こちらへ手をひらひらさせるなのはを一瞥し、にやりと笑って部屋へ入った。
 
 
 
 
    <続くのかしら……?>

 

 

|

« 初☆キラン☆夏コミレポ | トップページ | 愛を求めて旅に出たい »

∮親子物語」カテゴリの記事

コメント

夏コミお疲れ様~……って、ちょ!∑(@□@)
ねぇ、ちょっと待って下さいな。

な ん て ひ ど い 言 わ れ よ う ww

浮気性じゃないよ!
ただ全力全開で皆様が大好k(ry

と。それはともかく。
続きがものっそ気になるので是非にww
まったりお待ちしてます~。無理せずゆっくり休んでねw

投稿: 汐薙 | 2008年8月20日 (水) 21:58

 夏コミお疲れ様ー♪
 ん? どした? 当然のことを言ってるだけだよ?(にっこり
 ほら、あれだ、周知の事実だからwwwwwww

 大丈夫、稀凛もいつだって全力全開だから!
 みんなのこと、本気で大好きだぜ!(←どんだけ

 続きは、きっと待ってればいつの日か読める……と、良いね?←

 うん、大丈夫。元気に無理する!

投稿: 稀凛が返事をするそうです | 2008年8月22日 (金) 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初☆キラン☆夏コミレポ | トップページ | 愛を求めて旅に出たい »