« 2011年もありがとうございました | トップページ | あなたでなくちゃ満たせない わたしじゃなきゃ許せなかった »

2012年3月 2日 (金)

2012年始まってました

 しかも既に3月っていうね。

 稀凛さんは静かに生きてました。
 今年の目標!

 以前、拍手の方でコメントいただいたんですが(まだ返事してなくてすみません)、百花恋慕が気になるよーとのことを言っていただいて。すごく嬉しかったです。

 なので今百花恋慕と、恋蕾after中心で書き進めてます。
 近々更新出来るといいナーなんて思ってます。
 百花恋慕に関してはテスト更新っていうのもあって、改稿済みで続きが出来次第掲載し直していきます。

 今日はなんてことない短い短編を載せていきます。
 なのは→フェイトの【不幸せな幸せ】です。
 びっくりするくらい短いですが、読んでいただけたら光栄です。
 twitter @kirin_Curio パチパチ拍手(o・ω・o)㍍⊃

 

 不意に目が覚めて、時間を確認すればまだ夜中だった。
 隣では静かにフェイトちゃんが寝息を立てている。
 寝ぼけた振りをして、そっと近付いてみた。
 服越しに感じる温かな体温。
 すぐ傍で感じる吐息。
 確かにフェイトちゃんがいる実感。
 そのことを感じられる今が、すごく幸せで。 
 触れ合える今が嬉しくて、繋がれない気持ちが切ない。
 
 勇気を出せば何か変わるのかな?
 
 そんなことを思いながら、甘えるようにすり寄ってみたら、不意にフェイトちゃんにぎゅっと抱きしめられて。もぞもぞと頭を撫でられた。
 無意識にされたそれが、すごく嬉しくて。でも胸が苦しくて。
「どうしてそんなに優しいの?」
 抱きしめられた腕の中でそう呟く。
 夢の中にいるフェイトちゃんには届かないけれど、言わずにはいられなかった。
「フェイトちゃんのこと、好きなんだよ」
 言葉も涙も溢れそうになる。
 もっと近付きたくて、フェイトちゃんの背中に腕を回して。起こさないように、でも気付いて欲しいと思いながらギュッと抱きしめる。
 深い眠りについているフェイトちゃんは全然気付かなくて。なんだかおかしくなって笑ってしまった。
 
 気付いて欲しいことに必死になって。
 けれど気付かないでと必死に願って。
 
 結局、どちらにも動けないわたし。
 
 言わないままでいれば、このままでいられる。
 フェイトちゃんの傍に、近くにいられる幸せ。
 でもこのままだったら、いつか離れることになる。
 だからって、気持ちをちゃんと伝えても傍にいられない可能性だってある。
 この出会いは幸せで、不幸せな出会い。
 
 けれど、出会わなければ良かったなんて思わない。
 だって、出会わなければ知らなかったこの気持ち。
 今私は、すごく幸せなんだよ?
 誰かをこんなに好きでいられる、この気持ち。
 確かに辛くて悲しい時もあるけど、好きな人のことを考えるだけでこんなに毎日が輝くんだから。
「なの、はぁ~」
 急にフェイトちゃんが、寝言でわたしの名前を呼んだ。
 すごく緩んだ顔で。普段あまり見ることのない顔で。
 それだけで眠れなかった気持ちが一気に晴れた気がした。
「……おやすみ、フェイトちゃん」

 

 

          fin~

 

 

|

« 2011年もありがとうございました | トップページ | あなたでなくちゃ満たせない わたしじゃなきゃ許せなかった »

∮なのフェイ短編ss」カテゴリの記事

コメント


お久しぶりです~
(^-^)v

久々の稀凛さんの作品、とてもよかったです
(*´∇`*)


次の更新も楽しみにしてます♪
o(*⌒―⌒*)o

投稿: 疾風 | 2012年3月17日 (土) 02:14

いつもありがとうございます~><
本当にお久しぶりな上に、さらにお久しぶりになりましてorz
 
今回の更新、気付いていただけたらと思います!久しぶりに長め頑張りました!
若干書き方も変えてみましたが><
 
気に入っていただけますように!

投稿: 稀凛が返信 | 2012年4月 1日 (日) 04:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011年もありがとうございました | トップページ | あなたでなくちゃ満たせない わたしじゃなきゃ許せなかった »